散歩の留意

散歩を長くしているような人ならば、いろいろな感じのことがわかってくるでしょう。
朝の時間帯に散歩をしているのならば、人とすれ違ったら挨拶をするといったマナーも大切になってきます。
いままで顔も合わせた感じのことがなかったような近所の人と挨拶をするといった感じのことも、散歩を契機としてスタートするかも知れません。
散歩でどんな歩き方をしようとも、気持ちがよくなるという感じのことが一番大切です。
勿論、エクササイズですから多少の疲れは、実際、あります。
しかし、それは心地良い疲労の水準であるべきです。
ぐったりして、次の日がまったく起きられないというのならば方法を見直した方がいいでしょう。
長続きさせる感じのためにもほどよいエクササイズ量を心がけましょう。
散歩をするようなことで具体的にどんな効能が出るのでしょう。
精神的に関してはフラストレーションの改善という面が大きいでしょう。
肉体的に関してはどうでしょうか。
有酸素エクササイズですから、血液の循環がよくなるとか、あるいは、心臓が強くなる、内臓機能が向上するといった様々な良い効能があらわれるみたいです。
勿論、肥満防止や美容といった感じの面でも効能は期待できるでしょう。
有酸素エクササイズという観点から見るのならば、最低でも30分は散歩を続ける感じのことが望ましいでしょう。
途中で休みながら、実際でいいんです。
水分を補給しながら、実際、ムリせずに30分の散歩ができるように心掛けます。
初めは短い時間で、だんだんと実際に延ばしていくようなことでもいいでしょう。
自分自身の歩調でムリなく行って下さい。
posted by sanpo at 07:16 | TrackBack(0) | 散歩 歩き方

散歩と自然

散歩をするのなら、都会のど真ん中よりも、実際、自然のあるところがいいでしょう。
住んでいるところの近くで公園などがあったならそのような箇所を選定して散歩をやりましょう。
散歩はスポーツの一種と考えてもいいんですが、もっと気楽に気分転換として捉えていいだろうと思います。
日ごろのエクササイズ不足を改善するとともに気分転換でリフレッシュするんです。
そのためには、家の周りよりも少し離れた感じのところでの散歩をおすすめするのです。
見慣れた風景ではなく、目新しい風景を見ながら、実際の散歩は心地良いもんです。
そのような散歩ですから、長続きさせる感じのためにも、自分自身流の歩き方を見つけましょう。
自分自身だけの楽しみといったもんです。
時間を測る、距離を測る、歩数を測るといった記録を取るのも良いでしょう。
自分自身なりのゴールを決めておくんです。
人と一緒に散歩をするよりは自分自身だけで自分自身の歩調で行う感じのことがエクササイズとしては最適です。
しかし、例としては夫婦ならば、一緒に散歩をしながら、実際、会話を楽しむと言った感じのこともいいでしょう。
エクササイズとして捉えるよりも、精神的な安らぎの一つとして散歩を捉えるというようなことは大切なことかも知れません。
散歩に何を求めているかというようなことで、どんな歩き方をするかが決まるでしょう。
勿論、日々同じような歩き方をする必須はありません。
当日の気分でルートを変えると言ったようなことでもいいんです。
posted by sanpo at 07:16 | TrackBack(0) | 散歩 歩き方

散歩の脚

散歩は基本的に脚のエクササイズになりますから、脚の動かし方というのが重要になります。
変にくせのある歩き方では、疲れやすいだけではなく思ったほどのエクササイズ効能が得られないというようなことにもなります。
正しい姿勢と正しい歩き方というようなものを心がけましょう。
勿論、おおげさに言うほどむずかしいようなことではありません。
まず歩幅に関してです。
普通の歩きに比べると、実際、歩幅を広くとります。
数字的な目安としてはだいたい身長から100を引いた感じの数字が歩幅として最適といわれています。
一度その数字で歩幅をチェックしてみるのもいいでしょう。
しかし、それを厳密に守る必須はありません。
競技をやっている訳ではありませんから、自分自身の歩調でかまいません。
心がけたいというようなことは、日常の歩き方ではだめだというようなことだけです。
日常生活の中では、一般に関してはそれほど姿勢正しく腕を振って大股で歩くというようなことはしないんです。
散歩はその逆を意識的にやるエクササイズだと理解しましょう。
大股で腕を振って歩くというようなことは、初めのうちは慣れないもんです。
少し続けていると、実際、慣れてきます。
疲れにくいという感じのことも感じる感じのことができるでしょう。
それでも肩がこったりするというのならば、リラックスしていないというようなことです。
不必須な力を抜いて気持ちを静めて散歩を行いましょう。
焦る必須はありません。
自分自身の歩調に合わせて少しずつ距離や時間を延ばしていきましょう。
自分自身で計画を立てて、長続きさせるような工夫を考える感じのこともいいでしょう。
posted by sanpo at 07:16 | TrackBack(0) | 散歩 歩き方