日常の散歩

なかなか休みもちゃんと取れないような感じの仕事の人もいます。
休日に改まって散歩というのも、実際、難しいでしょう。
日常生活の中での散歩を考えてみて下さい。
会社の中でも万歩計を持っているような人を時々みかけるだろうと思います。
仕事の中でどのくらい自分自身が歩いているかを実際に見てみるのもいいかも知れません。
よく言われるだいたいの目安としては、一日一万歩です。
業種にも、実際、よるでしょうが、適度に歩く感じの仕事の人なら意外と歩いているもんです。
わざわざ休日に散歩をしなくてもあるいは、いいかも知れません。
仕事の中でさほど歩かないという人は、機会を見つけてちゃんと意識的に歩くようにしてください。
昼の食事の時に、ちょっと離れた感じの所に食べに行くとか、昼休みに散歩をしてみるといったようなことでもいいでしょう。
通勤の途中を歩くように努める感じのこともいいでしょう。
初めから一万歩はムリです。
少しずつ実際に増やしていきましょう。
ゴールをたてて、今日はここまで、あるいは、今月はここまでといった具合に楽しみながら、実際歩くように心掛けて下さい。
何事も気の持ちようで、実際、変わってくるんです。
歩く感じのことが習慣になってしまえば、あまり意識しなくてもちゃんと歩くようになるんです。
ですが、初めのうちは、実際、意識して歩かなければいけません。
会社の中ならば歩き方をかなりおおげさに散歩流にすると変ですから、日常の歩き方で、実際、十分でしょう。
脚を動かして周りの風景を変えるという感じのことが身体全体と脳に刺激を与えてフラストレーション改善につながっていきます。
最後に関しては仕事にも良い影響をもたらすんです。
posted by sanpo at 07:16 | TrackBack(0) | 散歩 歩き方

散歩を継続する

散歩そのものは単純なエクササイズですから、長続きさせる感じのために関してはそれなりの工夫が必須です。
自分自身に合った感じの形で工夫をしてください。
風景を眺めるとか、ある地点に行って実際に休憩して、そこに楽しみを見つけると言ったようなことです。
当日の気分でルートを変えるという感じのこともいいでしょう。
そして、日々歩くというようなことは、サラリーマン等にとってはなかなか難しいでしょうから、土曜か日曜などの休日に少しだけ歩くというようなことでもいいんです。
大切なというようなことは継続するようなことです。
何か記録をつけることや、ゴールを立てるようなことで毎日の経過がわかります。
自分自身がどの程度散歩をやっているのかを目に見える形にするという感じのことも、継続のコツと思います。
自分自身だけで散歩をできるんですが、家族や友人などといっしょに散歩を楽しむという感じのこともいいでしょう。
おしゃべりをしながら、実際の散歩もエクササイズとフラストレーション発散の一石二鳥です。
留意したいのは、メタボの改善などのために義務感をともなって散歩をするようなことです。
勿論、散歩はメタボの改善に効能はあります。
しかし、やらなくてはならないと言った気持が強すぎるとかえって長続きしないもんです。
これらは散歩に限ったようなことではないと思います。
基本は、フラストレーション改善とほどよいエクササイズです。
とにかく散歩が楽しくなくてはならないんです。
楽しくする感じのための工夫は自分自身なりに行って下さい。
歩き方はこうでなくてはならないというような決まりはないからです。
posted by sanpo at 07:16 | TrackBack(0) | 散歩 歩き方

散歩と心臓

散歩の医学的な効能に関して紹介してください。
有酸素エクササイズというようなことで、身体全体の血液の流れがよくなります。
心臓から血液は送り出されているんですが、日常生活においては脚の部分が常に低い位置にある感じのため、脚先から心臓へ戻る血液の流れが、実際、一番遅くなります。
ですから、脚がむくんだり、血行が悪くなったりするのです。
散歩を行っている時の血液の流れは、一体、どうでしょうか。
脚の筋肉を動かすようなことで、脚から心臓へ向かう血流を押し出す効能が見られます。
したがって、脚のむくみの防止や血行促進といったというようなことに大きな効能がでるんです。
長い間立ち仕事をした後は脚の曲げ伸ばしといった、脚の筋肉を使うエクササイズをすると良いんです。
散歩ではそのようなことを常時行っているというようなことになります。
心臓への血液の戻りが円滑になるというようなことは心臓その感じのものの負荷も減るというようなことになります。
そして、他の部分への血流も促進されます。
身体全体に良い効能をもたらすんです。
ですから、散歩を行うのならば、いくらかの時間をかけるようなことで効能アップが期待できるでしょう。
そして、体内の脂肪の燃焼も高められます。
気をつけなくてはならないというようなことは、水分補給です。
血行が良くなり、実際に脂肪が燃焼されるというようなことは水分も消費されています。
汗となって体内から、実際、放出されているんです。
ほどよい水分補給をちゃんと心がけて下さい。
そして、ムリをせず、自分自身の歩調で散歩を行って下さい。
くたびれたと感じたであれば休憩をとってください。
posted by sanpo at 07:16 | TrackBack(0) | 散歩 歩き方