早朝散歩

一日で一番思いのいいのは、実際、やっぱり朝でしょう。
早朝に散歩を行うのはたのしみの一つという感じの人もあるいは、多いかも知れません。
早朝散歩で留意しなくてはならない場合があります。
それは睡眠から覚めて直ぐにエクササイズを始めると心臓に負荷が大きいというようなことです。
起床後1時間程度ぐらいしてから散歩を始めるようなことを心がけて下さい。
そして、散歩前のストレッチといった感じのものも可能な限り行うようにしてください。
冬の寒い朝ならば、特に大切なというようなことになります。
朝起きてからの調子を測るような目安として、安静時に関しての心拍数があります。
一般の人で60〜80ぐらい程度だといわれています。
日ごろからきちんと心拍数を測るように、実際、しておきましょう。
当日の心拍数に異常があったなら散歩に関しては休みにするようにすべきです。
次に大切なというようなことは空腹のままで散歩をしないというようなことです。
朝起きてすぐは当たり前何も食べていませんから、血糖値に関しては低下しています。
その状況で散歩を行えば、エネルギーを作る感じのことができませんから、目眩を感じたり、過度のときに関しては不整脈になったりする感じのこともあるみたいです。
沢山食べる必須はありませんが、消化の良いバナナやヨーグルト、スポーツドリンクといった感じの糖分を取るようなことを心がけて下さい。
そして、睡眠なかには見込み以上の水分がかなり失われていますから、水分の補給もこまめにきちんと行わなければいけません。
逆に朝食をとってから散歩を行う感じのことも、消化のために血液が必須ですから、あまりおすすめできません。
posted by sanpo at 07:16 | TrackBack(0) | 散歩 歩き方
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29857287

この記事へのトラックバック