散歩の効果

散歩をしているようなことで健康面での効能は一体どのように表れるのでしょうか。
散歩というのは脚を動かすということと、腕を振るというエクササイズです。
したがって有酸素エクササイズの典型とも言えます。
散歩を実践するようなことで肥満が防げるという場合があります。
体内の脂肪をきちんと燃焼させるというようなことです。
全身の血液の循環が促されるようなことで、実際、脂肪が燃焼されます。
内臓等に不要に蓄えられた感じの脂肪が減っていくというようなことになります。
脂肪が燃焼する感じのために関してはいくらかの時間が必須になりますから、散歩をするのならば、最低でも30分程度は行ってほしいもんです。
血液の流れがよくなるようなことで高血圧などの症状に関しても軽減されます。
実際の散歩を行う時に関しては自分自身の体調に合わせて行う感じのことが大切です。
ムリをしてはなりません。
そして、冬場などならば劇的に散歩を始めると血圧が急上昇するような場合もありますから、ウォーミングアップなどを十分ちゃんと行ってから散歩をするようなことです。
初心者のころは、実際、体調に合わせた歩調で構いません。
それから次第に歩調を上げていくというようなことになります。
脂肪の燃焼と言っても一回の散歩だけで、いきなり体重が減る訳ではないんです。
日々、毎週といった散歩の継続によって次第に体調が良くなっていきます。
生活習慣病と実際にいわれるのは、それがまったく習慣になっているからなんです。
それを直すに関しては、効能のあるようなことを習慣づけることしかないんです。
是非、散歩を習慣づけて下さい。
posted by sanpo at 07:16 | TrackBack(0) | 散歩 歩き方
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29857278

この記事へのトラックバック