通勤散歩

散歩というようなものは、公園などの散歩ルートを歩くだけではありません。
忙しいサラリーマンならば通勤散歩をおすすめしてください。
文字通り、通勤の時間を散歩に活用するというようなことです。
日ごろのエクササイズ不足と忙しさを同時に改善できる仕方ですから、是非試してみたいもんです。
駅での階段の上り下り、あるいは、駅までの散歩などチャンスは、実際、どこにでもあるんです。
そこで留意したい場合があります。
それは、実際、ストレッチです。
だれでもまったくいきなり階段を駆け上がったりしたら、ひざや腰をあるいは、痛めてしまいます。
電車の中や階段でちゃんとできるストレッチを紹介します。
特別なストレッチという訳ではありません。
ポイントははずみをつけずにゆっくりムリせずに伸ばすというようなことです。
そして、呼吸を止めてはなりません。
自然な感じの呼吸を心がけましょう。
自分自身で痛いと感じたらそれ以上のムリをしてはなりません。
ストレッチをするだけでも全身の筋肉がほぐれて関節が柔らかくなりますから、散歩にも良い効能をもたらするのです。
血行を良くして気持ち的にもリフレッシュできるんです。
一日についてのスタートとして、電車の中でのストレッチを実際に実践されてみてはどうでしょうか。
朝から、元気よく動けるというようなことは、仕事の上でもプラスになるというようなことは、実際、間違いありません。
電車の中で立ったままでまったくいいので、脚首を回してみて下さい。
あまりふらつかないように手すり等につかまってやるときっといいでしょう。
そして、アキレス腱やあるいは、背中などを伸ばすストレッチも、実際、いいでしょう。
posted by sanpo at 07:16 | TrackBack(0) | 散歩 歩き方

冬の散歩

冬の散歩での留意事項を少し考えてみて下さい。
寒さ対策を必ずきちんと考えておかなければいけません。
体調の管理も大切ですが、朝晩の道路状態にも留意が必須です。
凍結などで滑る感じのことのないようにちゃんとしなければいけません。
冬場の体調として、実際、考えなくてはならないというようなことは、血液の循環がかなり悪くなっているというようなことです。
手脚の動きが鈍くなりますから、転倒などで実際にけがをする感じのことのないようにしてください。
手袋や帽子、あるいは、耳あてといった防寒用小物を活用して体温をきちんと逃がさないように工夫して下さい。
手袋に関しては必ずつけて下さい。
実際にポケットに手を入れて散歩というのはとても危険です。
そして、当たり前姿勢が悪くなりますから、散歩の目的から大きく逸脱している感じと言えるでしょう。
散歩では腕を大きく振るという感じの動作が大切ですから、手袋に関しては必需品と言えます。
手袋をするようなことで手先から熱が逃げるようなことを防げますから、セーター一枚分ぐらい程度の保温効能が期待できるといわれています。
そして、万一転んだ感じの時に手をついてしまいますから、実際、そのためのケガ防止の役割もあるんです。
それから、帽子も必須でしょう。
頭は冷たい感じの風を正面から実際に受けますので、帽子のありなしによる保温効能の差は、実際、かなり大きいと言えます。
保温性の高い感じのウールや毛糸記事のがきっといいでしょう。
耳も隠れるような種類もおすすめです。
風が吹いても取れにくいのが、実際、いいかも知れません。
当日の状況によって変えられるように、揃えておくのも楽しいだろうと思います。
posted by sanpo at 07:16 | TrackBack(0) | 散歩 歩き方

夏場の散歩

夏は散歩にとって、一体、どう対応すべきでしょうか。
昼間に関してはエアコンの効いた部屋にいるのならば、暑さに弱い感じの身体になってしまうでしょう。
暑い時に関しては汗をかきます。
そのようなことで体温を実際に調節しようとする身体のしくみなんです。
日ごろからエクササイズをしているのならば、新陳代謝を高めるような身体ができていますが、一般的な人はエクササイズ不足の人が多いんです。
夏バテにならないようにきちんと気をつけながら、実際散歩を行うようにしてください。
エアコンの涼しさにかなり慣れてしまった身体の体温調節機能は、実際、衰えています。
その機能を元に戻すに関してはエクササイズをするようなことです。
エクササイズをするようなことで1週間程度で普通の体温調節機能を改善できるといわれています。
とはいっても、夏場の散歩を春先とだいたい同じような歩調で行うというようなことはムリがあります。
時間を、実際、少し短めにして、こまめにきちんと水分を取りながら、実際散歩をしてください。
おおよそ10〜20分程度の散歩がきっといいでしょう。
勿論、自分自身の体調に合わせて、時間に関しては調節しなければいけません。
水分は水だけではなく、実際、ちゃんとミネラルも補給できるのがいいでしょう。
スポーツドリンクなどがかなり適しているみたいです。
夏の暑さが苦手という人感じのは、朝や夕方、あるいは、夜などの比較的涼しい時間帯を狙って散歩をするようなことです。
肝心なというようなことは日々少しずつでもいいですから散歩を続けるようなことです。
夏になって始めるよりも、春から始めて夏になる感じの前に習慣づけるようなことができれば言うことは、実際、ありません。
posted by sanpo at 07:16 | TrackBack(0) | 散歩 歩き方